タイ・ガイド列伝 其の六 コーラルグランドダイバーズの田中進吾さん

田中進吾

2011年08月10日

タイの現地ガイドをご紹介

タイにいる現地ガイドのタイムリーでプライベートな情報をお届けする『ガイド列伝』。
ダイビングガイドになったきっかけは?今、ハマってる事は?など、現役ガイドに気になる質問に答えてもらうコーナーです。
普段海で見る頼もしいガイド姿とはまた違う、意外な一面が垣間見れるはず。
ダイビングスポット情報はもちろん、現地ならではの文化や風習まで、ガイドブックにはあまり載っていない生の情報が飛び出すこともしばしば。
お気に入りのガイドさんを見つけたら、タイに会いに行ってみませんか。

第六弾

第六弾は、コーラルグランドダイバーズの田中進吾さんです。
海のことはもちろん、今ハマっていることや、ためになる現地情報など、たっぷり語っていただきました。

プロフィール

田中さん

田中さん

名前:田中進吾(タナカ シンゴ)
出身地:神奈川県
年齢:36歳
ガイドをしているエリア:タイ。
GWから10月まではタオ島、11月から4月はシミラン諸島

タイでガイドするきっかけとなったこと

クルーザー

暖かい海を求めて、伊豆ガイドから海外へ渡りました。
途中立ち寄ったタオ島にて、現在働いている「コーラルグランドダイバーズ」で日本人スタッフ募集の張り紙を見て即応募しました。
英語が出来ないのにもかかわらず、外人さんしか居ないショップにいきなり勤め、日本人部門を立ち上げ早9年。
ショップ拡張の流れに乗り、夏場の半年はタオ島で、冬場の半年はシミランクルーズでベストシーズンのタイをガイドします。

今まで潜って一番印象に残っているダイビング

ユメウメイロ

コーラルグランドリゾートの沖合い、ホワイトロックでのダイビングです。
島周りのポイントは、大物が期待できるポイントの一つです。
以前、ウミガメ(タイマイ)を見つけお客様が数名で撮影していた時、何気なく(時間つぶし)周りをきょろきょろしていたら「ドンッ」と言う音とともに、中層に群れていたユメウメイロの群れに突っ込んできたカジキが目の前で捕食!
コンパクトデジカメを持っていたお客様は、なんと捕食シーンの撮影に成功しました。

タイ生活で驚いたこと

タオに住み始めた時は他のスタッフで、電気も水道も通っていないバンガローに住んでいた人がいました。
僕の住み始めの家は電気は通っていましたが、本を読むには暗すぎでロウソクを立てて読んでいました。
今では、ホットシャワー、TV、エアコン付きと9年でタオも変わりましたね。

今、ハマっていること

水中写真と健康な体作りにはまっています。
長さが約7kmしかないタオ島でも、東側に抜けるには険しい山道を越えないと行けません。
暇なときは愛犬を連れて歩いたり、まだ数回しか実践していませんが走ったり。
この為に5年ぶりに靴を買いました。
だって、タイは暑いからサンダルしか履かないですからね。

これからのシーズンの見所

バラクーダ

シミランシーズンが終わり、タオ島のベストシーズンに突入。
今、チュンポンピナクルのバラクーダが熱いです。
根の上、水深15m付近の数千のバラクーダの群れと根を覆い尽くすホソヒラアジの群れが抜群です。
外洋ポイントは、透明度が良いときなら30m、魚影がとにかく濃いです。
島周りでは、今期多いのがツキチョウチョウウオの群れ!
100匹以上の群れを成しているポイントもあります。
タオでは多いゴルゴニアンシュリンプも、今期は数が多く、色々なポイントで見る事ができますよ。

これから初めてタイへ行こうと思っている方へアドバイス

リゾート

石碑

タオ島はとにかく群れがスゴイ!
シミランは色とりどりの魚とサンゴがお勧めです。
そして陸上が120%楽しめるのもタイの魅力!
マッサージは1時間数百円~、美味しいタイ料理も1品100円しない事もしばしば。読めない方には全く意味不明なタイ語、豊富なフルーツ、とどれを取ってもリゾート感満点です。

コーラルグランドダイバーズ

今回ご紹介した、田中進吾さんが所属するのは『コーラルグランドダイバーズ』。
2002年1月に、タオ島リゾート一体型ダイブショップがオープン。
現在、日本人常駐スタッフはベストの海をガイドする為に、期間を定め11月~4月はプーケット側シミランクルーズ、4月~10月はタオ島で皆様のお越しをお待ちしております。
『コーラルグランドダイバーズ』の詳細は以下より
http://www.japancoralgranddivers.com/Templates/tao_shop.html

タイの観光に関するお問い合わせはタイ国政府観光庁のウェブサイトをチェック!

タイ国政府観光庁

2010年3月で創立50周年を迎えたタイ国政府観光庁。
ホームページでは、美しい写真とともにタイの情報をたっぷり紹介。
また、ダイビング専用の新ウェブサイトは、ダイバーの強い味方となってくれること間違いなし。
ダイバーのタイプ別に、タイの潜り方を音声ガイダンス。
もちろん、ポイント、ショップ、トラベルメモなどの渡航情報もばっりち掲載。
旅行気分を高めるには最適のサイト。

タイ国政府観光庁
http://www.thailandtravel.or.jp/

タイ国政府観光庁の『ダイビングプロモーションサイト』※音声が出ます。
http://thailandtravel.or.jp/diving/

タイのダイビング関連リンク

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad