ダイビングを始める前に!スノーケリングで水に慣れる事から始めよう!

ダイビングを始める前に!スノーケリングで水に慣れる事から始めよう!

ダイビングにはまだ抵抗があるけれど、自分の目で海の中を見てみたい……という方は、まずスノーケリングから始めてみましょう。スノーケリングで浅場の海に慣れたあと、ダイビングに挑戦すると、よりスムーズに行うことができるはずです。

そもそもスノーケリングとは?

シュノーケリングとは?

「スノーケリング(シュノーケリング)」とは、スノーケル(シュノーケル)、マスク、フィンを身につけて、水面や比較的浅い水中を泳ぐスポーツです。
同じ道具を扱う場合でも、泳ぎより、潜水が目的になる場合は「スキンダイビング」と呼び区別されます。

スノーケリングの特長

1:必要な器材は3つのみ!

スノーケリングはダイビングと違い、スノーケル、マスク、フィン(3点セットと呼ぶ)があれば楽しめるマリンスポーツです。ウエットスーツがなくても、危険な岩やウニなどトゲのある生物が多いエリアでなければ、水着で泳ぐ事ができます。

スノーケリングに必要な器材

2:ライセンスを取らなくても遊べる!

ダイビングを行うためには、車の免許を習得するのと同じように、器材の使い方や、様々な技術を習い、ライセンス(認定証)を取得する必要があります。
しかし、スノーケリングにはそれらは必要ありません。
気をつけなければならない事はいくつかありますが、それらを守れば気軽に楽しむ事ができます。注意点については後の項目で説明します。

3:近場の海で楽しめる!

スノーケリングは沖縄などの南国やリゾート地で楽しむもの、というイメージが強いと思いますが、日本国内各地の海で十分行う事ができます。
身近な海水浴場や、海岸など、場所によっては日帰りで行ける所もあります。
温かい海にいけば色鮮やかな生物が多くいますが、近場の海でも、温かい場所とは違った生物がたくさん見られます。

<スノーケリング・スキンダイビング・ダイビングの違い>

スノーケリングスキンダイビングダイビング
泳ぐ場所水面
比較的浅瀬
水面
比較的浅瀬
浅瀬~沖合
潜水なしありあり
器材スノーケル
マスク
フィン
(必要に応じて)ウエットスーツ
スノーケル
マスク
フィン
(必要に応じて)ウエットスーツ
ウエットスーツ
(場所によってはドライスーツ)
スノーケル
マスク
フィン
タンク
レギュレーター
ウエイト
BC など…
ライセンスの必要有無なしなしCカードのライセンスが必要

スノーケリングに必要な器材について

1:スノーケル

スノーケル

引用:Aqua Lung

昔はただのパイプ状のもので、筒内に水が入った場合、強く息を吹き、パイプ上部から水を吐き出す必要があるタイプが主流でした。
現在では、排水弁がついているものが主流になり、呼吸が楽にできるようになっています。
また、排水弁だけでなく、逆止弁がつき、スノーケル内の流れが一方通行になるように作られたものや、浸水防止の機能がついたものなど、様々なものが売られています。
選び方や、洗浄方法などは、ダイビングに必要なモノ<スノーケル>を確認してください。

2:マスク

マスク

引用:Aqua Lung

水中をクリアに見るには、マスクが必要です。
実際に着用してみて、顔にフィットするかどうかや、着けてみてきつくないかどうか等確かめて自分に合ったものを使うようにしましょう。
コンタクトをつけたままマスクを着ける事も出来ますが、コンタクトや眼鏡を使っている方向けに、度入りのマスクもあります。
詳しくは、ダイビングに必要なモノ<マスク>を確認してください。

3:フィン

フィン

引用:Aqua Lung

水中で泳ぐための足ひれです。ひれの厚さや硬さもいろいろ違いますので、自分の足のサイズ、脚力に合ったものを使いましょう。
初心者向けに作られているものもあります。
詳しくは、ダイビングに必要なモノ<フィン> を確認してください。

スノーケリングに必要なスキル

スノーケリングを行う際は、一緒に行くガイドさんに必要なスキルを教えてもらってから行うようにしましょう。

1:スノーケルクリア

スノーケルは、顔を水面につけたまま呼吸ができる便利な道具です。正しい使い方を覚えましょう。
マスクの左側に取り付けて使います。
使用時は、大きくゆっくりと呼吸するようにします。
万が一、波をかぶるなどしてスノーケルに水が入った場合は、お腹に力を入れ、プッと一気に肺の中の空気を吐き出します。
これをスノーケルクリアと呼びます。
勢いが弱いと貯まった水が出きらず、息を吸い込む時にスノーケルに残った水を飲んでしまうことがあります。
より楽にクリアしたい方には、排水弁付のシュノーケルがおすすめです。
いつでも焦らず対処できるように、練習しておきましょう。

2:マスククリア

水中などでマスク内に水が入る事はよくあります。
その際、慌てずに水を出すためにもマスククリアを覚えておきましょう。
まずマスクの上側を少し手前に引っ張る感じで中に水を入れていきます。
次にマスクを顔に密着させ、両手でマスクの上端を押します。
鼻から「んー」と息を吐きながら、顔をゆっくりと上げます。
息が上部から漏れないように注意して行えば、マスク内の水は自然と下部から排出されます。
最後に「フゥ」と少し強めに鼻から息を吐くときれいに抜きやすいです。

マスククリア

スノーケリングを行う際に気をつける事

海況を確認しましょう

1:海のコンディション(海況)を確認しましょう

水面や浅瀬で海の中をちょっと覗く、と言っても相手は自然の海です。
波が高い時や、荒れそうな時、天気が悪くなってきそうな時は、スノーケリングを延期したり中止するようにしましょう。
波に飲まれてしまったり、流されてしまっては大変危険です。

2:複数人でスノーケリングを行うようにしましょう

スノーケリングを行う際は、必ず2人以上で行いましょう。これはダイビングと同じです。
1人で行うと、自分がどの辺りにいるかわからなくなってしまったり、波にさらわれてしまったりと危険な状況に陥りやすくなり、対応も難しくなってしまいます。
<複数人いる写真?>

3:泳いでも良いエリアの範囲に気をつけましょう

海水浴場などでよく見かけると思いますが、泳いでも良い、遊泳用のエリアが区切られている所があります
スノーケリングの際は、そのエリア内で楽しむようにしましょう。
エリア外は、漁場であったり、流れが強い場所であるなど、泳ぐのに適さない場所なのでエリア範囲外から出ないように気をつけて楽しみましょう。

4:酒類・アルコールを摂取してのスノーケリングは避けましょう。

アルコールを摂取した後のシュノーケリングは、飲酒運転と同じように大変危険です。
トラブルがあった際、正常な判断ができなくなるなど、危険へのリスクが高まります。

5:熱中症や日焼け対策に十分気をつけましょう

スノーケリングはダイビングとは違い、太陽の下、水面で行うので、熱中症や日焼けに気をつけなければなりません。
沖縄や南国など日差しが強いところでは、水面にいても、暑さで水分や塩分が奪われてしまいます。
休憩時には日陰で休み、水分や塩分補給を十分行うようにしましょう。
また、太陽の日差しや、水面の照り返しなどで、日焼けの度が過ぎるとやけど状態になってしまいます。
日焼け止めクリームを塗って海に入る場合は、十分な量を塗り、休憩時等に塗り直すようにしましょう。また、ウエットスーツなど、全身の肌を隠せるような服装でスノーケリングを行うなど、日焼けにも十分注意しましょう。

実際にスノーケリングをやってみよう!

スノーケリングを始めてみたい!と思ったら、下記手順で、申し込みをしましょう。
多くのダイビングショップではスノーケリングも行えるようになっています。

1:直接ダイビングショップに申し込むか、旅行会社のスノーケリングが出来るプランに申し込む

潜りたい場所を選び、その場所を扱うダイビングショップか、旅行会社のプランなどから申し込みましょう。

2:ショップで器材をレンタルする

スノーケリングを行うお店などで器材をレンタルしましょう。
今後も続けてスノーケリングを行ったり、ダイビングをする場合は、器材を購入しても構いません。その際も、自分にあった器材かどうかをチェックします。

3:機材の使い方を習う

ショップの方に、器材の使い方や、潜り方などを習います。
話をしっかり聞いて、事故が起こらないようにしましょう。

4:スノーケリングを行う

地形や気候、波などに気をつけてスノーケリングを楽しみましょう!

スノーケリングで水に慣れたら次はダイビングへの第1歩を踏み出してみましょう!
スキューバダイビングとはどんなスポーツなの?

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad