ダイビングの基本テクニック

適正ウエイト

適正ウエイトをマスターして 自然なダイビングを行いましょう

正しい姿勢でしっかりと中性浮力をとってダイビングするには、ウエイトを適正に身につけなくてはなりません。
適正なウエイトを身に付けないと、例えばオーバーウエイトの場合、海中ではどんどん沈んでしまって危ないことこの上ないです。
また姿勢は上半身が立った立ち姿勢になってしまうので、水底では砂を巻き上げる、サンゴをけり折るなどの迷惑行為に至ってしまう場合も少なくありません。
さらに疲労度も高く、エアの消費量も増えてしまうし、BCにエアを頻繁に出し入れしないと浮力を保てないため、肺での微妙な浮力コントロールをする余裕がないので、結果として中性浮力をマスターできないままとなってしまうのです。
ビギナーの中には、スムーズに潜降するためにウエイトを増やす人がいますが、それでは正しい解決になっていないので止めるようにしましょう。
ちなみに、水面でBCにエアを入れないと浮いていられないようならオーバーウエイト状態です。
また、潜降に苦労するのは、ウエイト量の問題ではなく、スキル不足というのが一番の原因です。スキルアップのためにも、まず適正ウエイトでのダイビングをするようにしましょう。

注意点

オーバーウエイトで、お尻から落ちていくと、コントロールができなくなり危険です。

さまざまな要素がウエイト量に関わる

さまざまな要素がウエイト量に関わる

適正ウエイトの決定とひとことで言っても、実はさまざまな要素が絡んでくるので、簡単には言えません。
ウエイト量の決定には、着るスーツ、例えばウエットスーツ、ドライスーツといった種類や3mm、5mmといった厚さや、アルミやスチールといったタンクの素材(アルミは水中ではスチールよりも軽いので、スチールよりウエイトを2~3kg重くする必要があります)、タンクの大きさ(8リッタータンクと12リッタータンクでは、入る空気の重さやタンク自体の重さが違う)、ダイバー本人の体脂肪率(同じ体重でも筋肉質と肥満体では脂肪の量が違う。脂肪は油なので水に浮く)などの要素があるのです。
また適正ウエイトは、エントリー直後のことだけを考えて決定するのではなく、エグジット寸前の時のことも考えて決めなければなりません。
空気には重さがあるので(1リットルで約1.3g)、エグジット間近のエアのなくなったときにはエントリー直後から比べると10リッタータンクで、2kgほど重量が減ったことになるのです。
安全停止の時に浮かないでしっかりと中性浮力を取れるようにするには、それを見込んで1~2kgほどプラスしてダイビングをスタートしなければならないのです。

自分に合った適正ウエイトをキチンと決めるには?

自分に合った適正ウエイトを決める方法は、Cカード講習の時にも習ったはずですが、浅瀬の水面で、浮上、潜降を繰り返すように行うといいでしょう。
息を吸ったときに浮き、吐いたときにはしっかり沈むようにウエイト量を調整しましょう。そして実際に潜るときは、タンクの空気の重さの消失分を計算して、安全停止中に浮かないように、1~2kg多めに装着しましょう。
前述したようにウエイト量は、さまざまな条件によって変わってきますので、着用したスーツやタンクなどに合わせて決定するようにしましょう。
ログ付けの時は、その条件をしっかり書き込んでおき、次回以降のウエイト量決定の参考にできるようにしておきましょう。

ウエットスーツの場合の、適正ウエイトの目安

体重65~70kg:
アルミタンク+5mmツーピース=6~7kg
アルミタンク+3mmワンピース=3~4kg
体重50~55kg :
アルミタンク+5mmツーピース=3~4kg
アルミタンク+3mmワンピース=1~2kg

※スチールタンクの場合はウエイト量を2kg減らします。また、スーツはメーカーや使用頻度により浮力が違ってきます。あくまでも参考としてください。

▲ページトップへ戻る

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad