ダイビングの基本テクニック

エア消費量について

消費量の目安

エアの消費量は人によって異なりますが、自分の目安を把握して安定するように努力しましょう。
エアの消費量は少ないほうが良いのですが、ストレスやスキル不足などが原因でエアの消費量が増えてしまいがちです。
ストレスがあると呼吸は荒くなり、回数も増え、脳の酸素消費量も多くなります。
スキル不足は、フィンキックがちゃんとできないがために疲れてしまったり、ちゃんと中性浮力が取れないがために、無駄に呼吸を繰り返してしまっているなどがあります。
まずは、ストレスのないリラックスした状態でダイビングを行うようすれば、呼吸は落ち着き、無駄に大きく回数の多い呼吸をしないでも済むようになるはずです。
また、以下のような場合にもストレスが発生します。

「水に対する恐怖心」や「中層を浮かんでいることへの恐怖心」「閉所・暗所などへの恐怖心」などは、とにかくゆっくりした呼吸を心がけリラックスして楽しんでください。
たとえば、

といった、穏やかな場所であまり動き回らないダイビングなどが効果的です。
また経験値を増やしていけば段々となくなっていくということもあります。
「ダイビングスキルに対する不安」「耳抜きへの不安」「潜降への不安」などは、しっかりとしたスキルを身に付け、中性浮力が取れるようになると解消できてきます。
ストレスを取り除くためには、不安感のない環境や経験値の向上、スキルの上達などが効果的なのです。
また、絶対にやってはいけないことは、無理にエアの消費量を減らそうと呼吸を我慢することです。
そんなことをすると、身体の中に二酸化炭素が蓄積されていき、脳から呼吸中枢に「もっと空気が欲しい」という指令がいくため、自然と呼吸は増え、我慢する前よりかえって消費量が増えてしまいます。

▲ページトップへ戻る

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad