ダイビングに必要なモノ<ゲージ>


出典: aqualung.com

ダイビング中に必要なデータを確認するための各メーターが並んでいるものがゲージです。
一般的に、残圧計と水深計を組み込んだ2連タイプや、残圧計、水深計、コンパスを組み込んだ3連タイプ、残圧計や水深計の機能をもつダイビングコンピュータを内蔵しているタイプ、残圧計のみ、コンパスのみといったタイプがあります。
残圧計はタンク内の残りのエアの量を表示し、水深計は水中でダイバーがどのくらいの深さにいるかを表示します。
コンパスは現在どの方角に進んでいるのか、進めばいいのかを把握するために必要となります。
まず自分が必要とする機能が揃っているかどうかを考慮しましょう。
ダイビングコンピュータと併用するのであれば、ダイビングコンピュータにない機能、例えば、残圧計やコンパスなどをまずは揃えましょう。
選ぶ際は、残圧計、水深計、コンパスのどれも精度と見やすさ、耐久性、重量、大きさなどをしっかりと考えて選ぶようにしてください。

洗浄方法

真水で洗う際は、水深計は水深感知穴を、コンパスはベゼルを、そしてスイベルなどの可動部分を動かしながらしっかりと洗いましょう。
コンソールブーツからゲージが取り出せるものは、たまに取り出して洗うとよいです。

乾燥方法

干すときは直射日光を避けます。
特にコンピュータゲージやデジタルゲージなど、液晶部分のあるものは直射日光厳禁です。

保管方法

レギュレーターと同じく、ホースのねじれや曲がりに注意して保管しましょう。

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad