ダイビングに必要なモノ<レギュレーター>


出典: aqualung.com

水面を泳ぐ時は、顔を上げずに泳げるようにスノーケルをくわえます。
レギュレーターは、水中で陸上と同じように呼吸するために空気を供給・排出するための器材です。
タンクの中の圧縮された高圧の空気を、周囲の水圧と同じ圧力まで減圧し、水中のどの水深でも自然な呼吸ができるよう調整し供給するのが主な機能となります。

洗浄方法

レギュレーターの洗浄では、必ず「ダストキャップを締めて」行い、「水の中でパージボタンを押さない」ということに注意しましょう。
どちらの場合もファーストステージや中圧ホース内に水が浸入し、カビやサビの原因となり、レギュレーターが正常に機能しなくなります。
重点的に洗うのは、ファーストステージのウォーターポート(水圧感知穴)や、セカンドステージの内部です。
またホースプロテクターもたまに移動させ隠れている部分を洗いましょう。
またスイベルはよく動かしながら洗います。

乾燥方法

干す際は、地面に丸めて置いておくよりも、物干しなどにファーストステージを上にしてダランとかけておいたほうが、早く水が切れます。
ただしその際、ファーストステージのホースの付け根やスイベル部分に負担がかからないように吊します。
また、長期保管する時など、内部まで完全に乾かしたいときには、セカンドステージのパージボタンを押したままの状態になるように何かをかまし、ファーストステージのダストキャップを外して、2~3日室内に吊して干すようにします。こうすればレギュレーターの内部を空気が出入りするので、水気がしっかり取れます。

保管方法

ホースやホースの付け根に負担をかけないように、大きく自然に円を描くように保管するのがベストです。
ホースの表面にシリコンスプレーなどを薄く塗ったり、またはビニール袋に入れるなどして空気との被膜をつくってあげるとよりいいでしょう。
流量調整ノブは一番軽いところ(OPEN、MAXなど)にしておきます。

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad