連載「シャークジャーナリスト沼口麻子の
相棒、みつくりクンの友だち紹介」第三回

ダイブネットニュース

2013年1月20日

毎月1回 気になるサメを紹介

麻子さんとみつくりクン

麻子さんと相棒みつくりクン

サメをこよなく愛するサメの専門家、シャークジャーナリスト・沼口麻子さんによる連載です。このコーナーでは、麻子さんの相棒、みつくりクンが登場し、友達のサメを紹介していきます。いろんなサメの生態や知っていると役に立つことなど、さまざまな視点からサメ情報をお届けします。きっと今まで知らなかったサメの一面も知れるはず。これを読んで、サメを好きになってくれる方が増えれば嬉しい限りです。もちろんダイビングで見られるサメも登場します。お楽しみに!(毎月20日掲載予定)

 

■みつくりクンのプロフィール

 

みつくりクン

 

まずは、みつくりクンの紹介から。みつくりクンは、シャークジャーナリスト沼口麻子さんの肩に背負われて一緒に旅をしているミツクリザメ

ノーマルモードの時はカワイイが、ビックリすると顎が飛び出し気味になるので、悪魔のサメ「ゴブリンシャーク」の異名を持つ。

心はやさしく、サメ業界の顔は広い。

みつくりクンとの旅の模様は「シャークジャーナリスト沼口麻子の今日もサメ三昧!(facebook)」より。

 

友だちその3 サメ業界の荒くれ者「イタチザメ」くん

 

以下、「沼」→沼口さん、「み」→みつくりクンです。

 

:新年、あけましておめでとうございます!サメをこよなく愛するサメの専門家、シャークジャーナリスト沼口麻子です。

:あけおめ!ぼく、ミツクリザメのみつくりクンです。昨年は大変お世話になりました。今年も何卒ヨロシャークッ!

:2013年、今年も私たちをどうぞよろシャークお願いします!

 

:ところで、昨年12月に東京ビッグサイト(東京国際展示場)でサメのワークショップをしたんだって?

:そうなの!ワールドオーシャンズデイさんのご協力のもと、「エコプロダクト2012」というイベントでブースを出させてもらったのよ。大きな会場で2日間開催したの。

:なんでも、子どもたちがひっきりなしに訪れて、大盛況だったそうだね。

:うん。来てくれたお友達、どうもありがとう!

:どんなワークショップをやったの?

:オリジナル・サメの歯クイズっていうのをやったんだけどね、これはかなり人気だったわ。

:サメの歯?クイズ・・・ってどんなの???

:サメって、種類によって歯の形が違うんだけど、実物のサメあご標本を10種類用意して、それが何ザメでしょうかっていうクイズ。

:え~、それってわかるもんなの~?

:ちょっと難しいんだけど、じっくり観察すれば誰にでも判別できるわ。

:へ~、そうなんだ!例えば、どんな歯の形があるの?

:ナイフ型、フォーク型、すり鉢型など、好みのエサによって違うのよ。

:ナイフ型ってなんか怖そうだな。。。

 

:ではみつくりクン、そのナイフ型の歯をもつお友達は誰でしょうか?

:えーっと……あ!確か「イタチザメくん」がそうじゃなかったかな?

:正解!それでは今回は「イタチザメくん」を紹介してもらえるかしら?

:ラジャーっ!サメ業界の荒くれ者「イタチザメくん」を紹介します。

:イタチザメくんって「タイガーシャーク」のことよね?

:うん、そうだよ。日本では「イタチ」って名前がついているけど、英語の名前は「タイガー」なんだ。

:身体にトラ模様があるから、タイガーシャークっていう名前の方がしっくりくるわね。

:日本では青森県より南側にいて、浅くて暖かい海が好きなサメなんだよ。

:へぇ〜。最大で7m以上にもなる大型のサメなのね。

:うん!歯の形もとても特徴的で、ふちがギザギザなハートの形をしているんだ。

:こんなユニークな歯を持っているイタチザメくんは何が好物なのかしら?

:ウミガメのような堅いものから、魚、イルカ、サメ、、、なんでも食べているよ。

:そういえば、サーフィン中にサメの被害にあったという話を沖縄で聞いたことがあるけど。。。

:暖かくて、沿岸域だとすると、それはイタチザメくんの可能性が高いね。

 

:(ぱくぱく)

:あれ?何を食べているの?

:お腹空いちゃった。神津島のお土産でもらったサメジャーキーを食べてるの。

:それって、まさか。。。

:原材料は。。。あ!イタチザメだって。

:みんなサメは怖い怖いっていうけど、本当に恐ろしいものって。。。

:あら?何か言ったかしら?

:(>_<)

 

美ら海水族館のイタチザメ

©Noriko Hata。日本では唯一、沖縄ちゅら海水族館でイタチザメに会える。この角度がたまらなくかわいい

エコプロダクト2012

「エコプロダクト2012」で行ったサメのワークショップは大盛況だった

エコプロダクト2012

サメの歯クイズに挑戦!熱心にサメの歯を観察中の子どもたち

イタチザメの歯

©Kobayashi Ryuichi。イタチザメの歯の化石(左)と現世の歯(右)

美ら海水族館のアゴ標本

©Noriko Hata。沖縄ちゅら海水族館のシャークラボに展示されているイタチザメのあご。シャークラボは、ジンベエザメがいる大水槽の奥にあるので、お見逃しなく!

石垣島であがったイタチザメ

©藤波裕樹(東海大学)。石垣島などサメ被害が多い地域では、サメを駆除している

宮古島で水揚げされたイタチザメ

©進藤吉洋(海工房)。宮古島でイタチザメが水揚げされたところ

イタチザメジャーキー

神津島の人気のお土産品「イタチザメジャーキー」

イタチザメジャーキー

裏の原材料名のところにはちゃんと「イタチザメ」と書いてある

イタチザメの顎のペンダントトップ

©田中厳(LazyDays)。イタチザメの顎シルバーアクセサリー。サメを愛する職人が作った渾身の作品

◇みつくりクンのワンポイントアドバイス◇

 

海の中で、格子に水玉模様が見えたら、近づく(ジンベエザメ)。海の中で、トラ模様が見えたら、逃げる(イタチザメ)。

 

頭が角張っているがメジロザメの仲間

©友永たろ。頭が角張っているがメジロザメの仲間

 

©koba-tan。小笠原諸島父島西島の東磯で出会ったイタチザメ。子どもはトラ模様がはっきりしている

 

◇今月からスタート!『サメあるある』◇

ジンベエザメだぁ!と喜んで泳いでいったら、イタチザメだった(神奈川県Yさん)

 

:あるある~!

:あるある~!何気にイタチザメとジンベエザメって頭の形が似ているんだよね。。。って、それは危険なこと!イタチザメだとわかったら、早く海からあがって下さい。とくに全長2.3m以上のイタチザメは人間を襲う可能性があるので、十分に気をつけて下さい。

:うんうん。イタチザメくんは食いしん坊だからな~!生き物だけじゃなく、車のタイヤやナンバープレートのような金属でも食べてしまうんだよ。

:そんなに食欲旺盛なサメくんなのね。。。神奈川県Yさん、ご応募ありがとうございました!

:今、あるあるって思ったあなた!確実にシャーキビリティが高いです。ぐふふ。

皆さんから、「サメあるある」を募集しています。マニアック過ぎても、可愛らしいネタでも、サメが絡んでいれば何でもかまいません。あなたのシャーキビリティを、「サメあるある」コーナーにぶつけて下さい!

 

シャーキビリティ(Sharkibility)とは、サメ、エイ全般に対する知識力や強い情熱という意味を持つ造語。一般的にサメに詳しい人を「シャーキビリティが高い」といいます。

 

バハマのイタチザメ

南アフリカのイタチザメ。大迫力!

■「サメあるある」のご応募は、下記メールアドレスまで。

sharkjournalist@gmail.com

 

以下の内容を添えて、送信してください。

件名:サメあるある

内容:

お住まいの県:

ニックネーム:

(任意)サメエピーソード・好きなサメ:

※尚、応募いただいた作品は、麻子さんが情報発信するメディアで使用させて頂く場合がございます。ご了承下さい。

 

シャークジャーナリスト沼口麻子(ぬまぐちあさこ) のプロフィール

麻子さん

 

小笠原諸島のサメの研究をするうちに、サメは本当に面白い生きものなのに、世界中を探しても、サメの魅力を一般の方に伝える専門家がいないことにいち早く気がつき、サメを語る第一人者として、テレビや雑誌を中心に活動している。 東海大学海洋学部出身。

 

【近日の活動】

TV出演:ダーウィンが来た!アーカイブクイズ番組「♂と♀のネイチャーバラエティSeason2 海の生き物編」他

学会パネラー出演:パネルディスカッション「サメの魅力と今後の研究の展開について」

雑誌連載:月刊マリンダイビング「サメの魅力と憧れのシャーキビリティ・ライフ」

 

◇交流会速報◇

詳しくは、コチラより。

 

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad