伊豆半島・川奈の期間限定スポット「赤根」が熱い!

日本のスポット

2013年8月9日

協力/川奈ダイビングサービス

写真/依田和明

文/ダイブネット(大野幸隆)

9月9日までの限定。魚影の濃さと巨大ソフトコーラルが見事

毎年、夏季シーズンのみ限定オープンとなる川奈のスポット「赤根」「カジガ根」がオープン中。

8月7日、取材班は中でも人気の高い「赤根」に潜ってみました。川奈特有の白い砂地にそびえる巨大な根、周辺には背丈ほどあるソフトコーラルが乱立し根魚が群れる。期限スポットとあって「手つかず感」は相当なもの

潮の乗ってやってくるイザキなどを求めて、ワラサ、カンパチといった大型回遊魚もよく見れれる豪快なスポット、是非体験してみたい。

 

川奈

壁面を飾るウチワも巨大

川奈

ソフトコーラルもボリューム満点

川奈

キンギョハナダイがドロップオフを彩る

川奈

突如現れた小さなエチゼンクラゲ。潮当たりのいいスポット、何が現れても不思議ではない

ビーチではアオウミガメ。遭遇率はほぼ100%

この時期、川奈の潜り方でおすすめしたいのが「1ビーチ1ボート」。限定ポイントの「赤根、カジガ根」で豪快なダイビングを堪能、もう一本はのんびりとビーチダイビングを楽しみたい。

ビーチダイビングをすすめるのは人気マクロが豊富なのと、一部ではかなり話題となっている根付のアオウミガメが見られるため。このウミガメ、昨年から川奈のビーチに定住。以来逃げることなくずっとここに住み続けています。伊豆半島のビートポイントでウミガメが定着しているのは前例もなく非常に珍しいこと。よっぽどここが気に入ったのだろう。追いかけたり、タッチなどせずいつまでも暖かい目で見守りたいですね。

 

川奈

エントリーするとすぐにソラスズメダイの怒涛の群れ。夏らしさが味わえる

川奈

定住しているアオウミガメ。遭遇率はほぼ100%

川奈

人気のイソバナカクレエビ

川奈

手をかざすとクリーニングしてくれるサラサエビ。この日は隠れてしまいましたが、シロヒゲカクレエビもクリーニングしてくれます

大瀬崎

泳ぐクロヘリアメフラシ。素早い動きで魚を丸呑みして食べる

取材協力

ダイビングサービスジェスター

川奈ガイドサービスジェスター

HP/http://jester.jp/

 

川奈マクロウォッチングの火付け役、鬼頭氏がオーナーを務める老舗ダイビングショップ。経験・技術・知識ともに豊富なベテランスタッフが、川奈の海を案内します。

いつも笑いが絶えない雰囲気で、的確できめ細かなガイドは、多くの方から支持されています。

住所:静岡県伊東市川奈674

電話:0557-45-7587

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad