ナイトロックスで、らくらく安心ダイビングを楽しもう!~伊豆海洋公園編~(2)

ナイトロックスで、らくらく安心ダイビングを楽しもう!~伊豆海洋公園編~

2012年6月4日
取材協力/リトルリッツ伊豆海洋公園ダイビングセンター
写真/依田和明
文章/茂木みかほ(ダイブネット)

ナイトロックス講習の流れはこんな感じ

ここで、ナイトロックス・スペシャリティ講習は、実際にどのような流れで実施されるか紹介しましょう。

まずはショップにて、学科講習を受講(1時間前後)

学科講習

学科講習では、ナイトロックスのメリットや使用法などについて学び、ダイブテーブルの使い方も勉強する

その後、海洋実習のため伊豆海洋公園に移動

受付で、通常のダイビング時に必要な同意書と、ナイトロックスの同意書にサイン。このとき、ナイトロックスのタンクを利用するときに必要となるステッカーを受け取ります。

ナイトロックスの同意書にサイン

ナイトロックスタンクを使用するときには、通常のダイビング時に必要な同意書の他に、ナイトロックスの同意書にもサインする

ステッカーを受け取る

ナイトロックスのタンクに貼るステッカーを受け取る。ショップの引率者がいるときは、ショップの方がまとめて受け取ってくれたものをもらう

その後インストラクターより、使用タンクの酸素濃度、残圧の計り方等を教えてもらった後、自分でチェックする

タンク置き場へ移動

まずアナライザー(酸素濃度を測る機材)を借りて(IOPでレンタル可能)、タンク置き場へ移動

タンク置き場へ移動

次にアナライザーを使い、空気タンクからガスを少しずつ出しながら、アナライザーの目盛りを調整する。→「20.9」に合わせる

酸素濃度の計測

調整したアナライザーを使用するナイトロックスタンクに当て、酸素分圧を計る。 今回は32%のナイトロックスを使用したため、誤差の範囲は31~33%となり32%±1%の誤差までOK

酸素濃度の計測

今度は残圧のチェック。今回は残圧「190」でOK

計測値を記入

計った数値や名前を台帳に記入し、自分が使うタンクに貼るステッカーにも記入する

ステッカーを貼る

ステッカーに記入後、それをタンクに貼りつけて海洋タンク置き場に運んでもらう

ダイビングコンピューターのチェック

ダイブコンピューターがナイトロックスモードになっているかをチェック。事前に、自分のダイブコンピューターがナイトロックス仕様かも調べておこう

ダイビングコンピューターのチェック

タンクに貼ってあるステッカーを見て自分のものか確認後、タンクセットを完了し、いよいよ海へ

水中ポストへ

海洋公園の名物、水中ポストへ。沖80m、水深20mの海底に設置され、2つのハート形の飾りが取り付けられている。投稿した手紙は、実際に配達してもらえる

水中でダイビングコンピューターのチェック

インストラクターの佐藤さんが付けている、通常のエアのモードで設定したダイブコンピューターと、ナイトロックスモードに設定したものとで見比べてみると・・・格段にナイトロックスモードのほうが潜水時間に余裕があるのが分かる

海洋実習として、ナイトロックスで2ダイブしたら、講習は終了。この2週間後くらいに「ナイトロックス・スペシャリティ」のカードが送られてきます。これで立派なナイトロックスダイバーです。以後、このカードを提示すれば、ナイトロックスタンクが使用できるようになります。

通常でも安い!リトルリッツのナイトロックス講習

今回お世話になったリトルリッツでは、以下の内容でナイトロックス・スペシャリティ講習を開催しています。

日数:1日~2日間

講習費:5,000円

申請費:3,500円

教材費:無料

合計:8,500円

ダイブコンピュータは必須携帯になります。

※レンタルダイブコンピューター:2,000円

※その他、海洋実習代がかかります。

詳しくはコチラから

海洋実習

ナイトロックス・スペシャリティの講習では、海洋実習としてナイトロックスで2ダイブが条件となってくる

IOPでは、ナイトロックスの使用料が格安!

伊豆海洋公園(IOP)では、2012年4月28日からナイトロックスの製造を開始しました。現在伊豆半島のダイビング施設で、ナイトロックス入りのタンクを製造販売しているのは、IPOのみとなります。ここでは自社でコンプレッサーを持っているため、よりリーズナブルな価格でナイトロックスのタンクを利用できるようになりました。

これまでナイトロックスが普及しなかった理由の一つに、通常のタンクよりもレンタル料が高いことが挙げられますが、手軽な価格で利用できるようになったことで利用者が増加しています。

料金については下記を参照してください。
http://www.iop-dc.jp/contents/price/index.html

伊豆海洋公園のスタッフのみなさん

ライトグリーンのユニフォームがさわやかな、伊豆海洋公園のスタッフのみなさん。いつもお世話になっています

PCの画像と模型でポイント説明

IOPの受付横にある、ポイント情報を調べられる模型とPC。模型はポイントの環境までがよくわかり、PCではそのポイントでどんな生きものが見られるかをチェックできる

最後に

これまで「ナイトロックス」と聞くと、何となくベテランの方が使用するイメージが強かったのですが、今回講習を受けてみて、オープンウォーターさえ持っていれば手軽に取得できることがわかりました。

学んでいくうちにナイトロックスの良さをいろいろと知り、もっと早く取得しておけばよかったなぁと思ったほど。普通のエアよりも疲れにくく、安全っていうのはやっぱりいいですよね。実際には3本くらい潜らないとそれを実感するのは難しいので、今回はそこまではっきりと感じることはできなかったのですが、いつも使用しているインストラクターさんなどに聞いても、普通のエアーと全然違うよ~と聞きます。特にIOPで潜るなら、ナイトロックス・スペシャリティを持っていたほうが断然お得

正しく理解して、より安全に海を潜りましょう。ぜひみなさんもこの機会に取得してみては。

今回お世話になったリトルリッツ代表・佐藤智章さん

明るく笑顔がステキな佐藤さん。インストラクターでもあり、一児のパパでもあります。わからないことは何度も丁寧に教えてくださり、とても頼りになりました。ありがとうございました。

佐藤智章さん

佐藤智章さん

今回のナイトロックス講習のお問い合わせはリトルリッツまで

伊豆高原駅からすぐのところにあるリトルリッツは、お客様一人一人とのコミュニケーションを大事にするアットホームなダイビングショップです。多種多様な生物に出会える富戸や海洋公園をベースに、ダイビングはもちろんのこと、夜にシュノーケリングで行う夜光虫観察ツアーなども実施しています。

またショップには便利な民宿「おいしそう」も併設されていて格安で利用できる上、近くには日帰り温泉や飲食店がたくさんあるので大変便利です。

リトルリッツ

リトルリッツ代表の佐藤さんと、奥様のあん奈さん

リトルリッツのショップ内

ショップ内は落ち着いた雰囲気。ここで学科講習を受ける

リトルリッツ

TEL:0557-54-2585

住所:静岡県伊東市八幡野1186-32

http://miyagino.biz/

前項はナイトロックスって、なぁ~に?です

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad