首都圏から電車で行けるダイブスポット2/ バラエティ豊かな三浦半島・城ヶ島『三浦 海の学校』

電車で行くダイブスポット

2013年10月2日
写真/依田和明
構成・文/茂木みかほ

車も器材も持ってないダイバーを応援します!

首都圏に自宅があり、ダイビングはシーズン中にちょっとだけしたい…。そんな方はきっとたくさんいることでしょう。しかし、いざ潜るとなると「車はない」「器材もない」「知ってる現地サービスもない」「今さら都市型ショップには行きたくない」と、ハードルは予想以上に高いのではないでしょうか?
そこで、ダイブネットでは「電車で気軽!手ぶらで一人でも行けちゃう」をコンセプトに、都市型ダイバーに優しいサービスをご紹介

第二回目は、首都圏から電車で約一時間、神奈川県・三浦半島にある「三浦 海の学校」をご紹介。是非、旬な海を味わい尽くしましょう!

ここが知りたい!『三浦 海の学校』の魅力

ダイビングが久しぶりの電車ダイバーにとって気になる

  1. 「海の様子」
  2. 「レンタル器材」
  3. 「都心からの距離」
  4. 4.「サービスの様子」

を調査。実際に都市型ダイバーにとってどれだけ魅力的なのか取材してみました。

■その1・海の様子「乗船時間たったの5分。マクロもワイドも楽しめるボートポイント」

「三浦 海の学校」が、ダイビングエリアとしているのが、神奈川県三浦半島の最先端に位置する城ヶ島。ここは、西に相模湾、東に東京湾、そして南には黒潮の支流が流れ込む、栄養分豊富な海域です。そのため、多種多様な生物に会うことが可能。
ダイビングポイントは、ビーチポイントが1つ(梶ノ浜ビーチ)と、ボートポイントが5つ(「岩骨」、「へいぶ根」「東島根」「クレバス」「オアシス」)。初心者から上級者まで楽しめるポイントが揃っています。
最大水深10mのビーチポイントは、アマモ場や岩礁などでタツノオトシゴやウミウシの仲間が見られる他、季節によっては、回遊魚や季節来遊魚などに出会えることも。
このビーチポイントは、都内から最も近い日帰りナイトダイビングポイントとしても知られています。
一方、地形やソフトコーラル、群れから小物生物まで変化に富んだ景観を楽しみたいなら、ボートポイントがオススメ。
初心者向けのポイントも多く、どのポイントも5?10分で着くので船酔いの心配がほとんどありません。レベルや季節に合わせて、楽しむことができます。

城ヶ島

ボートダイビング用の船は、1日4便出ている。乗船口までは、ダイビングセンター前からバスで無料送迎してくれる。ダイビングスーツを着た状態で乗り込もう

城ヶ島

器材セッティングは、ボート乗り場近くで行う

城ヶ島

ポイントに着いたら、ジャイアントストライド、またはシッティングバックロールでエントリー

城ヶ島

ムチカラマツ類に共生し、見事に擬態するイボイソバナガニ。イボイボの甲羅が特徴

城ヶ島

ミノカサゴの幼魚。小さい頃のほうが体色が鮮やかできれい

城ヶ島

極彩色のニシキウミウシ。色彩変異に富む。ウミウシカクレエビが共生していることがある

川奈ビーチ

ウミウシの中でもメジャー種のシロウミウシ。黄色の縁取りと黒のドット柄が目を引く

城ヶ島

長?い脚が特徴のオルトマンワラエビ。トゲトサカなどのソフトコーラルに付いているのを観察できる

城ヶ島

アミメハギの幼魚。おちょぼ口が可愛らしい。何匹か群れていることも多い

城ヶ島

スズメダイとネンブツダイの群れに囲まれる。圧巻

城ヶ島

ムチカラマツなどのヤギ類に寄生するナシジイソギンチャク。無性生殖で増えながら、次第にムチカラマツを覆っていく

城ヶ島

キンギョハナダイが乱舞する。オスとメスで体色が異なり、写真のものはほとんどがメス

城ヶ島

色とりどりのソフトコーラルの上にネンブツダイが群れる

城ヶ島

オレンジ色のヒラヤギが、水流を受けてゆらめく

■その2・レンタル器材「とにかく安い!フルレンタルがお得」

当校では、格安で器材のレンタルが可能。ダイビングには行きたいけど、器材は持っていないし、レンタルするにもお金がかかる…、と躊躇していた方にも安心してお使いいただけます。なんとフルレンタルが、3,000円。手ぶらで行って、気軽にダイビングを楽しんじゃいましょう。

器材レンタル料金一覧
フルレンタル¥3,000
3点セット(マスク、スノーケル、フィン)¥1,000
ウェットスーツ¥1,000
ドライスーツ未定
重機材(BCD、レギュレーター)¥2,000

城ヶ島

各種レンタル器材を取り揃えているので安心

■その3・距離「都心から約一時間。駅から車で10分」

城ヶ島に行くのに最寄り駅となるのが、京急三崎口駅。品川駅からだと京急線で67分(900円)、横浜駅からは49分(550円)。リーズナブルな運賃で、あっという間に着いてしまいます。「三浦 海の学校」までは、もちろん無料送迎付き。車を持っていなくても、電車でさくっと行けるので楽ちんです。

城ヶ島

京急三崎口駅に到着。当校や城ヶ島に行くには、ここが最寄り駅となる

城ヶ島

三崎口駅から「三浦 海の学校」までは無料送迎してくれる。およそ10分ほど

■その4・サービスの様子「バーカウンターや宿泊施設も併設。快適空間でアフターダイブも充実」

魅力溢れる城ヶ島の海を案内してくれるのが「三浦 海の学校」。経験豊富なスタッフが海をご案内します。

目の前に海が広がる巨大施設には、シャワー室やロギングルームが完備。プールやBBQが楽しめる芝生の庭、さらにはお酒が飲めるバーカウンターなども併設され、大人ダイバーのためのクラブハウス的雰囲気が演出されています。潜った後には、ビールやカクテルを飲みながらログ付けするのもOK。また、ダイビング目的のお客様は、1泊素泊まり(同性相部屋)3,150円で宿泊できるのも魅力。翌日も講習や潜る予定のある時や、疲れてしまった、飲み過ぎてしまった時などにも安心してご利用いただけます。

城ヶ島

「三浦 海の学校」のエントランス。充実した施設とフレンドリーなスタッフがお出迎え

城ヶ島

トロピカルジュースを飲みながら、まったりログ付け

城ヶ島

世界のビールが楽しめる魅惑のバーカウンター。中でも人気なのは、タヒチのヒナノビール。生ビール1杯、\350とお手頃。オリジナルカクテル「諸磯の夕日」もオススメ

城ヶ島

カフェバーにある大きなソファでほっと一息。友達とおしゃべりするのにも最適なスペース

城ヶ島

テラスにあるパラソルの下で、心地よい風を感じながら、のんびりトークするのもいい

城ヶ島

宿泊ルームは、畳が気持ちいい和室。同性相部屋となるが、他の宿泊客がいない時は貸切りとなる

『三浦 海の学校』

http://www.miuradive.jp/
TEL/046-8802-0835
神奈川県三浦市三崎町諸磯1621

【料金】

○2ビーチガイド.........................¥9,800(施設使用料、ガイド代、タンク代、ウエイトレンタル代含む)
○1ビーチ&1ボートガイド.....¥12,800(施設使用料、ガイド代、タンク代、ウエイトレンタル代含む)
○2ボートガイド.........................¥14,800(施設使用料、ガイド代、タンク代、ウエイトレンタル代含む)
宿泊...........................................¥3,150(ダイビングでご利用のお客様で、和室同性相部屋素泊まりの場合)

城ヶ島

インストラクターの先生"コースディレクター"の吉田さん(左)と、山口さん(中央)、後藤さん(右)。明るく、ゲストの立場に立った親切な指導&ガイドが定評を得ている

城ヶ島

「Divenabi Scuba Academy」旅行部門のスタッフと、ダイビングスタッフ一同

他にも、こんなお楽しみが!

城ヶ島

ランチは近くの「しぶき亭」で。三崎名物のマグロ料理を味わえる

城ヶ島

ダイバーズ定食は、1000円。新鮮なお刺身が美味しい。マグロ串かつとプチソフトのサービスが付いてくる

城ヶ島

サービス品のプチソフトをいただく。ほどよい甘さが疲れを癒してくれる

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad