タイ・ガイド列伝 其の十三 Ripple plus・小形祐美さん

小形祐美

2012年2月10日

タイの現地ガイドをご紹介

タイにいるガイドのタイムリーな情報をお届けする『タイ・ガイド列伝』

ダイビングガイドになったきっかけは?今、ハマってる事は?など、現役ガイドに気になる質問に答えてもらうコーナーです。普段海で見る頼もしいガイド姿とはまた違う、意外な一面が垣間見れるはず。

ダイビングスポット情報はもちろん、現地ならではの文化や風習まで、ガイドブックにはあまり載っていない生の情報が飛び出すこともしばしば。お気に入りのガイドさんを見つけたら、タイに会いに行ってみませんか。

第十三弾は、Ripple plus・小形祐美さんです。海のことはもちろん、今ハマっていることや、ためになる現地情報など、たっぷり語っていただきました。

プロフィール

名前:小形祐美(OGATA YUMI)

出身地:京都市

年齢:39歳

ガイドをしているエリア:プーケット アンダマン海

小形さん

一緒に潜った全てのお客様を国籍問わず覚えている、小形さん

 

タイでガイドするきっかけとなったこと

インストラクターになるためにプーケットにやってきました。

すでにダイブマスターとして日本のダイビングショップで働いていましたが、IDCを受ける時間がもらえたので冬の時期に南の島に取りに来たのです。

冬の間にインストラクター講習が終わり日本のお店もまだ忙しくなかったため、その間オンシーズンのプーケットで働いてみようと思ったのがタイでガイドをすることになったきっかけです。

 

 その後3年間は夏は日本、冬はプーケットと行き来していましたが、今の主人とも知り合い一緒にいるようになり、こちらで通年働くことを選びました。 結婚もしましたので、もうどこにも行かないと思います。

これからもずっとアンダマン海でガイドを続けていくことになります。

集合

プーケットでのダイビングならおまかせ

集合

海だけではなく、プーケットが大好き。小形さんの第二の故郷

 

今まで潜って一番印象に残っているダイビング

アンダマン海で初めてジンベエザメを見たダイビングです。

それはシミランクルーズのリチリューロックでした。

その当時はまだ夏は日本、冬はプーケットと行き来している頃。

私がプーケットで働いている冬の時期に、日本で働いていたダイビングショップからオーナーとお客様がやってきてくれました。

 

オーナーは私が会社員だった頃にダイブマスター講習を教えてくれたインストラクターでもあり、お客様はその頃から知っている方々でした。

私がこの仕事を始めるのを応援してくれた人たちで、冬の間日本のショップを離れ頑張っている姿を見て頂くだけでも嬉しかったのですが、一緒にジンベエザメまで見ることができ本当に驚きました。感動も大きかったです。

新しい環境で頑張っていることをジンベエザメまでもが応援してくれている・・・なんて思ってしまうダイビングとなりました。

ジンベエザメ

世界各地のスポットで目撃されているものの実際はなかなか会えない・・。頑張っている小形さんを応援しにきてくれたのかも

タイ生活で驚いたこと

すぐに「何歳?」って聞かれること。

聞きづらそうに聞くのでもなく、親しくなってからでもなく、むしろ初対面ですぐに聞かれることが多かったのに驚きました。

冗談で「何歳だと思う?」って返すのもまどろっこしいぐらい真剣に聞かれます。

自分より年上かそうでないかで挨拶や対応を変えないといけないので聞くらしいのですが・・・

最近は言うまでもない年齢に達したためか、誰かが代わりに教えてくれているのか、もう聞かれることは少なくなりましたが・・・それも寂しいです。

 

今、ハマっていること

ディリークィーンのソフトクリーム。

プーケット・パトンにある大型ショッピングセンターはソフトクリーム激戦区です。

ハンバーガー屋さんなどのジャンクフード系のお店はどこも出しているのですが、元祖ソフトクリーム屋のディリークィーンには敵いません。 (全店全種、食べ比べました)

いろんなフレーバーがあり新メニューも続々と登場するので飽きません。

新メニューはプロモーションで安くなり、今は「グリーンティー&あずき」がお得です。

地元・京都の有名店を思い出すような・・・と、語ると尽きないほどにこの10年間飽きずにはまっています。

タイ全国のショッピングセンターには必ずある人気のチェーン店です。

ディリークィーン

ここのソフトクリームは独特な形。味も格別で一度食べたらやみつき

これからのシーズンの見所

シミランクルーズです。

11月~5月初旬まで(国立公園の決定で前後します)の期間限定で行くことが出来ます。

このエリアには是非日帰りではなく少なくとも1泊、できればお勧めのフルクルーズ(4泊5日)でお越しください。

ここでの楽しみ方は水中だけではなく島に上陸して足跡が5cmも沈み込んでしまうような砂浜を裸足で歩いたり、奇岩の名所に登ったり、焼けるような日差しの中船から海に飛びこみ遊べることも。

鳥の声で目覚め、夕日に朝日、降り注ぐような星空、国立公園の自然を存分に楽しんでいただくためには日帰りでは足りません。

ダイビング後の海の上で一緒に潜った仲間と飲むビールがとても美味しいです。

シミラン国立公園が閉園した後も、アンダマン海南側、ヒン・デーン、ヒン・ムアンへのクルーズもあります。

思い切り潜りたい方には、タイのダイビングクルーズはお値段も手ごろで年間通じてお勧めです。

ボートから飛び込む

シミランクルーズの停泊中。ボートから海に向かってジャンプ

 

コ・ミヤン

シミラン諸島のNo.4とも呼ばれる島、コ・ミヤン島。国立公園管理事務所があり上陸することができる

コ・ミヤン

コ・ミヤン島。真っ白い砂と大きな木、手付かずの自然が残っている

 

タチャイ島のビーチ

タチャイ島のビーチ。2012.1.18 KOH TACHAI

シベロンバラクーダ

シベロンバラクーダ。シミランクルーズで訪れる、リチリューロック タチャイ島 シミラン諸島内のスリーツリーなどでシーズン中高確率で見られる

これから初めてタイへ行こうと思っている方へアドバイス

意外かもしれませんが、寒いと感じる場面が多いです。

日中と朝晩の体感温度の差は、日本の夏以上にあります。

また、ダイビング後は冷えてしまい寒いときがあります。

冷房も効きすぎて寒いです。

長袖シャツなどをお持ちください。

薄手のウィンドブレーカーがかさばらず最適です

ちょっとした雨にも役立ちます。海沿いの天気は変わりやすいですから。

 

小形さんのいるお店「Ripple plus」

Ripple plus

プーケット暦11年目の日本人インストラクター小形さんと、19年のタイ人インストラクターTOMさん

 

Ripple plus

ダイビングはもちろん、ダイビング以外のプーケットも一緒に楽しみましょう

今回ご紹介した、小形祐美さんが所属するのは『Ripple plus』。

プーケットのダイビングをメインに、プーケットでのアクティビティ、ツアー、ホテルを案内しています。

小さなご質問ご要望にも親切、丁寧に対応をしてくれるサービスです。

 

『Ripple plus』の詳細は以下より

http://rippleplus.com/

 

タイの観光に関するお問い合わせはタイ国政府観光庁のウェブサイトをチェック!

タイ国政府観光庁

2010年3月で創立50周年を迎えたタイ国政府観光庁。

ホームページでは、美しい写真とともにタイの情報をたっぷり紹介。

また、ダイビング専用の新ウェブサイトは、ダイバーの強い味方となってくれること間違いなし。

ダイバーのタイプ別に、タイの潜り方を音声ガイダンス。

もちろん、ポイント、ショップ、トラベルメモなどの渡航情報もばっりち掲載。

旅行気分を高めるには最適のサイト。

タイ国政府観光庁

http://www.thailandtravel.or.jp/

タイ国政府観光庁の『ダイビングプロモーションサイト』

※音声が出ます。

http://thailandtravel.or.jp/diving/

  • シミランクルーズのダイビングツアー情報を扱う旅行社

  • シミラン諸島のダイビングポイント情報、トラベルメモはこちらから

  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 写真で巡るタイ・シミラン諸島・癒しの旅-その1
  • タイ・ガイド列伝 其の十二 edive・荒木友子さん
  • タイ・ガイド列伝 其の十一 コーラルグランドダイバーズ ・千葉美香さん
  • タイ・ガイド列伝 其の十 ビッグブルーダイビング の早田綱貴さん
  • 特集一覧

    DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

    ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

    ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

    楽天ad