ボルネオ大紀行vol.7~「怒涛のネイチャーアイランド」ボルネオ島で陸のアクティビティを満喫(1)~

ボルネオ大紀行

2012年6月29日

取材協力/ユー・ツアー・サービス(HP)

写真/依田和明(HP)

編集・構成/ダイブネット

まだまだある!ボルネオ島の陸の見どころ

これまで6回に渡りお送りしてきた「ボルネオ大紀行」。マクロから大物まで楽しめるダイビングスポットや、各島のリゾート情報などを中心にお伝えしてきましたが、まだまだ紹介しきれなかったところもたくさんあります。今回はこれまでに紹介できなかったボルネオ島の陸の見どころを、まとめて紹介したいと思います。

 

東南アジア最高峰 キナバル山

コタキナバルから車で約2時間半。ボルネオ島北部にある、標高4,095m、東南アジア最高峰のキナバル山。珍しい動植物が自生していることで知られ、一帯はキナバル公園として世界自然遺産に登録されています。

またキナバル山は、特別な知識や技術がなくても手軽に登れる4,000m級の山としても有名です。施設や登山道がよく整備されている上、登山には必ず現地の熟練したガイドの同行が義務づけられているなど、安全管理がきちんとされているので安心です。宿泊施設は3300m付近にあり、高山病の心配もほとんどありません。

登山中は、鬱蒼と茂るジャングルから高山地帯へと移り変わる自然を肌で感じられることでしょう。山頂付近では、ゴツゴツした奇岩がそびえたち、これまた絶景が楽しめます。キナバル山を含むキナバル公園一帯は、いまだに新種や固有種の植物が発見されることが多い、自然豊かなところです。

 

キナバル山

キナバル山。標高によって異なる生物が見られるので自分のペースでじっくりと観察しながら登山を楽しむのがオススメ

 

ウツボカズラ

ボルネオで有名な植物、ウツボカズラ。標高2000~3000m程の登山道を注意しながら歩いていると様々な種類のウツボカズラを発見できる

 

ウツボカズラ

中央の穴(捕虫器)を覗くと水と交じって消化液が入っていて、ココに落ちた昆虫たちは内側からウツボカズラの栄養源となることがわかる

 

ボルネオカオナガリス

鼻先が長いのが特徴のボルネオカオナガリス。ここにしか生息していないとても貴重なリス

 

登山のスタートは、24時間体制のキナバル公園管理事務所から。登山者はまずここでの登録が必要となります。また登山する際には、予め宿泊施設とガイドの予約が必要となります。この管理事務所近辺には、宿泊施設やレストラン、展示室など、あらゆる施設が集まっています。

ベストシーズンは、乾季の3~4月とされていますが、1年を通じて登山は可能です。登頂は2日間でできますが、できれば3日間かけて自然観察をゆっくり楽しみながらの登山をおすすめします。

 

登山口"

キナバル国立公園入口付近の入り口ゲート。ここまでは車で来れるが、この先は歩いて山頂を目指す

 

ペンダント小屋

標高3280mにあるペンダント小屋。小屋では飲み物やシャワーが利用でき、ベットは少々狭いものの疲れた身体を休めるには最高のスペース

 

幻の花との出会い「ラフレシアインフォメーションセンター」

直径1mにもなる世界最大の花・ラフレシアの自生地として有名なタンブナンにある「ラフレシアインフォメーションセンター」。ここでは運が良ければ開花しているラフレシアを、またラフレシアに関する資料や展示に関しては、常時見ることができます。

ラフレシアはつぼみの期間が15ヶ月間と長いのに、開花すると1週間ほどで枯れてしまう幻の花。生息数も多いわけではなく、野生のラフレシアンに遭遇するチャンスは意外に少ないといいます。

開花しているところを見るには、公園レンジャーや調査員から情報を得るとよいでしょう。またサバ州政府観光局でも開花情報を確認できます。

 

ラフレシア

寄生植物で、腐臭を放つラフレシア

 

次項は「セリンガン島でウミガメ観察」と「ビリ村でリバークルーズを体験」です

  • シパダン・マブールのダイビングポイント情報、トラベルメモ

  • カパライのダイビングポイント情報、トラベルメモ

  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT ボルネオ大紀行vol.1~「シパダン島」怒涛の群れに巻かれる旅(1)~
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 写真で巡るタイ・プーケット
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 最後の楽園・ガラパゴス諸島の最高ポイント ダーウィン・ウォルフ島を目指す旅(1)
  • 特集一覧

    DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

    ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

    ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

    楽天ad