ボルネオ大紀行vol.6~マブール島にステイして、マクロ生物をとことん楽しむ(1)~

ボルネオ大紀行

2012年5月21日

取材協力/ユー・ツアー・サービス(HP)

写真/依田和明(HP)

編集・構成/ダイブネット

自分のスタイルに合わせてリゾートをチョイス

ボルネオ島のダイブスポットを毎月紹介する連載「ボルネオ大紀行」。第六回は、マブール島の魅力をお伝えしたいと思います。

 

センポルナの港からボートで約40分。セレベス海に浮かぶサンゴ礁に囲まれた静かな小島、マブール島。

ここは言わずと知れたマクロの宝庫。島の周辺にはダイビングポイントが点在していて、ボートポイントまでわずか1~5分ほど。ちょっと足を延ばしてシパダン島に行ったとしても30分くらいで魚群の中にエントリーできます。またハウスリーフを潜るだけでも、可愛いくて小さな生きものにたくさん会えるのが魅力です。

 

滞在先となるリゾートは、「シパダン・マブールリゾート」、「ボルネオダイバーズ・マブールリゾート」、「シーベンチャー・ダイブリゾート」といくつかあるので、自分のスタイルに合わせて選びましょう。

 

今回は、「ボルネオダイバーズ・マブールリゾート」と、「シーベンチャー・ダイブリゾート」の2つを紹介します。

 

マブール島の桟橋

マブール島の桟橋。ここから無制限ダイブに行くことができ、ダイブセンターも併設されている

 

カジュアルなダイブリゾート「ボルネオダイバーズ・マブールリゾート」

南国ムードたっぷりの「ボルネオダイバーズ・マブールリゾート」は、喧騒から遠く離れた静かな所にあります。

1棟2室のヴィラが15棟並び、部屋は全30室。リゾート内ではプールで泳いだり、マッサージを頼んだり、とゆっくり寛げる他、インターネット施設も充実しているので快適です。コストパフォーマンスにも優れ、グループ旅行にも最適です。

 

ダイブセンター入り口

ボルネオダイバーズの事務所、売店、食堂等があり、食事時間には鐘を鳴らして教えてくれる

 

部屋

部屋は、1棟2室のヴィラタイプ

 

部屋

洗練された室内。ベッドメイクは毎日入る

 

プール

リゾートの真ん中にあるプールでゆったりするのもオススメ

 

レストラン

広々としたダイニングホールは、ゆっくり食事をするのに最適

 

ビュッフェ

食事はバイキング方式でメニューも豊富

 

海上に浮かぶ「シーベンチャー・ダイブリゾート」

マブールの沖に浮かぶ船のような形をした不思議な建物「シーベンチャー」。これはオイルプラットホームを改造したダイビング用の宿泊施設です。

 

周辺にはマブール、カパライ、シパダンがあり、どこへでも行きやすく、マクロ・ワイド共に楽しむことが可能です。サンデッキからはマブールはもちろんの事、天気のいい日にはシパダンまで見渡す事ができます。

 

1日3ボートダイブの他に、無制限ハウスリーフダイブ(バディ制)も無料で可能。この辺は穏やかな海況ですが、時にはカンムリブダイやギンガメアジも群れ、大物も期待できる海。存分に自分のスタイルでフィッシュウォッチングを楽しみましょう。

 

シーベンチャー

海に浮かぶシーベンチャー・ダイブリゾート

ダイブセンター

軽食を楽しめたり、ログ付けに使われるダイブセンター

ビーチ

シンプルで落ち着く室内

以上2つのリゾートをご紹介しましたが、リゾートでゆっくり寛ぎながら、ダイビングを楽しみたい方は「ボルネオダイバーズ・マブールリゾート」、ダイビングメインで、ちょっと変わった船上気分を楽しみたい方は「シーベンチャー・ダイブリゾート」がオススメです。

次項はマブール島周辺で、マクロウォッチングを堪能です

  • シパダン・マブールのダイビングポイント情報、トラベルメモ

  • カパライのダイビングポイント情報、トラベルメモ

  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT ボルネオ大紀行vol.1~「シパダン島」怒涛の群れに巻かれる旅(1)~
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 写真で巡るタイ・プーケット
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 最後の楽園・ガラパゴス諸島の最高ポイント ダーウィン・ウォルフ島を目指す旅(1)
  • 特集一覧

    DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

    ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

    ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

    楽天ad