世界のラグジュアリーリゾート~Vol.12~世界的海洋探検家の夢が詰まった人と自然を繋ぐネイチャーリゾート フィジー/ジャン-ミッシェル・クストー・リゾート・フィジー

ワールドワイドレポート

2014年4月3日
写真・文/たかせ藍沙

いつかは行ってみたい こだわりが詰まった憧れのリゾート

ダイバーが旅する南の島やビーチリゾートにはたくさんのリゾートホテルがあります。
たまにはダイビングのペースを落として、ビーチでのんびりバカンスを楽しんでみませんか?
外に出たくなくなるかもしれない、魅力的なラグジュアリーリゾートをご紹介します。

海への愛にあふれる海辺の隠れ家

 香港からフィジーエアウェイズとキャセイパシフィック航空の共同運航便でで約10時間30分。
南太平洋に浮かぶフィジーは、主島のビチレブ島と、その北東に浮かぶバヌアレブ島とタベウニ島、そしてその周辺に散らばる約330島の小さな島々から成る島国です
首都はビチレブ島東部にあるスバで、香港からのフライトが到着するのは、島西部にあるナンディとなります。

国内線の小型機

ナンディからバヌアレブ島のサブサブへは国内線の小型機で。前の座席で寄り添うカップルはハネムーナーのようです

 ジャン-ミッシェル・クストー・リゾート・フィジーがあるバヌアレブ島は、フィジーで2番目に大きな島。
ナンディからバヌアレブ島のサブサブまでは国内線のフライトで約1時間、空港からリゾートまでは車で約20分です。
海に面した約7haの敷地に、「ブレ」と呼ばれるフィジースタイルの一戸独立型コテージが26棟だけという五ツ星リゾートです

一戸独立型のコテージ

客室は伝統的なフィジースタイルの「ブレ」と呼ばれる一戸独立型のコテージです

 このリゾートの特徴はそのコンセプトにあります。
オーナーであるジャン-ミッシェル・クストーは、故ジャック・イブ・クストーの息子。
潜水用呼吸装置であるスクーバの発明者の息子で、世界的に有名な海洋探検家の父の意志を受け継いで造ったリゾートなのです

 リゾートには海洋生物学者のジョニー・サイが常駐していて、昼間はゲストをガイドして海へ、夜はスライドショーを催したりして、自然保護の大切さを人々に伝えています。
ジョニーはオーストラリアで海洋生物学を学び、このリゾートに来て8年。海洋保護区を拡大するべく活動を続けています。

 このリゾートでジョニーが勧めるアクティビティはナイトスノーケリング。
夜になると生き物達の生態を観察しやすいからだそうです。
ナイトスノーケリングには子供でも参加できるというのも、ファミリーを重視しているリゾートならでは。
ほかにも、リーフウォークやダイビングを通してゲストに海の素晴らしさを伝えています。

ジョニー・サイ

海洋生物学者のジョニー・サイ。この顔を見かけたら気軽に声を掛けましょう

 滞在時には子連れのファミリーへも多数見かけました。
部屋も広いですし、小さな子供ひとりにスタッフがひとり、つきっきりで面倒を見てくれます
ジョニーが催す夜のスライドショーや、週に1回催されるフィジー伝統のメケショーもも子供たちに大人気です。

フィジーの伝統的な歌と踊り

フィジーの伝統的な歌と踊りを楽しむことができるメケショー。子供たちの踊りもなかなかのもの

 リゾート施設は、オープンエアのメイン棟にレセプション、レストラン、ラウンジなどがあり、その海側にプールがあります。
客室ブレは海に向かって左側に並んでいます。ビーチ沿いにはマッサージのための小さなブレが2棟あり、メイン棟の反対側にはダイビングサービス、そしてダイビングボートに出かけるための桟橋があります。
リクエストすれば桟橋の先端でロマンティックディナーを楽しむこともできます

子供用プール

メイン棟前にあるプールには水深の浅い子供用プールも併設されています

ロブスター

レストランからもプールと海を望むことができます。この日選んだランチメニーは、ロブスターのパスタとグレープフルーツのサラダ

レストラン

夜になるとレストランはキャンドルライトでロマンチックな雰囲気に!

ウエスティン・ワークアウト・フィットネスセンター

夜になるとプールのライトアップとレストランの灯りで、リゾートの雰囲気は一変します

 客室は、オーシャンフロント、ガーデンビュー、2ベッドルーム、ヴィラなど7種類のカテゴリーがあります。
もっとも小さな客室でもキングサイズベッドとデイベッドが置かれていても狭さを感じさせないうえ、バスルームも広々としています
ベランダにはふたりで一緒にくつろげるサイズのハンモックが架かっていて、こちらもくつろぎのスペースになっています。

明るい室内

窓が大きくて明るい室内。この手前に大きなデイベッドがあります

バスルーム

ダブルシンクのバスルーム。こちらにも外光が入って明るい雰囲気

シャワーブース

バスタブはありませんが、シャワーブースはたっぷりとした広さ。こちらにも外光が入ります

アメニティ

アメニティも揃っています。たっぷりサイズなのがうれしい

ベランダのハンモック

ベランダのハンモック。ふたりで使っても余裕の大きさです

ジャン-ミッシェル・クストー・リゾート・フィジー

リゾートを離れる際にはギターを抱えたスタッフが歌で見送ってくれます

 ダイビングに関しては、ボートで10~45分以内の場所に、ドロップオフを始め、ソフトコーラ、ハードコーラルのポイントがあります。
とくに、海洋保護区でもあるナメナリーフは、フィジー有数の美しいサンゴがあるポイント
バラクーダやイソマグロ、サワラ、マンタ、大型のサメなどがやってくることもあります。

フィジー

海洋保護区でもあるナメナリーフの周辺は抜群の透明度を誇っています

フィジー

ナメナリーフのサンゴは海の生き物たちの宝庫となっています

フィジー

スカンクシュリンプに歯をクリーニングしてもらうガイドのメレ

 ダイビングサービスは、敷地内に「ジャン-ミッシェル・クストー・ダイビング・センターがあります。
リゾートに常駐して8年になるという海洋生物学者のジョニーと一緒に潜ることもできるので、早めに彼のスケジュールの確認を。
フィジーの海に棲む、さまざまな海の生き物たちのことを教えてくれます。

問合せ先

リゾートトラベラー・たかせ藍沙

南太平洋からアフリカ、南米、北極圏まで、渡航約130回・50カ国、モルディブのリゾート島上陸数は日本一、ダイビング歴約 800本、海外スパ取材200軒超。
著書に『美食と雑貨と美肌の王国 魅惑のモロッコ』(ダイヤモンド社)、『海からの贈りもの』(阪急コミュニケーションズ)、『LOVE! ROSE』(宝島社)。
2013年4月発売の楽園写真家三好和義氏との共著『死ぬまでに絶対行きたい 世界の楽園リゾート』(PHP研究所)は発売8カ月で3刷、台湾版も好評発売中!
Twitter
ブログ

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad