連載「パラサイトラヴァーズ」~めくるめく寄生虫の世界~Vol.20

パラサイトラヴァーズタイトル

2015年1月30日
写真・文/Julia

不思議な寄生虫の世界を紹介

寄生虫=ある生物が他の生物の体から栄養などを持続的、かつ一方的に搾取する生物。と言われています。
皆さんもダイビングの最中に寄生虫のついた生物を見たことがあるのではないでしょうか?
ちょっと気持ち悪い、と思われる方もいるかも知れませんが、寄生虫は宿主がいないと生きていけない生物。想像以上に寂しがり屋なんです。
宿主を殺すことなく暮らす姿に、もしかしたら生きるヒントが隠されているかも!と思い、寄生虫を愛して止まないサークル「パラサイトラヴァーズ」の皆様に様々な寄生虫を紹介してもらいます

素敵な寄生虫の本 GET!

「寄生虫 ビジュアル図鑑」
~危険度・症状で知る人に寄生する生物
濱田篤朗監修 誠文堂新光社

「寄生虫 ビジュアル図鑑」

去年の11月に出たばっかりのこの本…
上野の国立科学博物館で、Parasite好きの濃いメンバーとのOFF会がありまして、売店の中の本売場でみっけちゃった!!
アマゾンでも購入できますよ!
大きな有名書店で探すより、上野の科博の売店の本は内容が充実している…
生物の本だけでなく、科学、数学、物理…
開くだけでびっくりですわ。。。子供向けなんかじゃないです…

そんな中で見つけちゃったんですよ!

いやぁこりゃ
すごいわ…

「寄生虫」とタイトルにつく本を30冊くらい図書館で借りまくったのですが、表紙は可愛くても文章だらけで、読むと眠くなったり、文章だけだと人間に害があるもなど読んでたらめっちゃくちゃ怖くなったり…
この本はビジュアル図鑑でカラフルで、電子顕微鏡で人口的にカラフルにしてるのですがリアル~!!!
興味のある方は是非アマゾンでポチるか科博(入場料620円)で立ち読みか図書館でリクエストしてみてください。
誰か、海の生物につく寄生虫図鑑出さないかなーと切に願うのであった。

筆者プロフィール

JULIAさん

JULIA
生まれも育ちも房総半島。自称:半農半漁、時々ダイバー。
2001年からダイビング開始。キモカワユスな生物が大好きなお絵描きダイバー。
格安で入手したコンデジ4台をすぐに水没させ、「1000本潜るまでカメラは買わない」と心に誓う。
初めての新品の10m防水のOlympus μを購入したが、半年後、キモカワユス生物をメルヘンに撮りたくデジタル一眼レフを購入し今に至る。
目指すはキモカワユスの伝道師。
海ネタ中心のJuliaのブログを毎日更新していますので、ぜひご覧くださいー

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad