ダイブネットフォトコンテストVol.3「私の好きな海」結果発表

ダイブネットニュース

2013年5月22日

幅広く難しい題材ながら多くの作品が集まりました

Facebook上で開催されたダイブネットフォトコンテストVol.3「私の好きな海」。

たくさんのご応募、誠にありがとうございます。

■ダイブネットfacebookページはこちら

https://www.facebook.com/divenet

今回は審査員にプロカメラマン・古見きゅうさんを迎え、さらに一段とグレードアップ。どの作品も素晴らしく選考も非常に難しかったです。

 

古見きゅうさんの総評

イベントの時に何名かの方から「このテーマは難しい」という声を訊きましたが、皆さんの「好きな海」を少し観ることができ僕としても楽しかったです。

すごく漠然としたものではありますが、これはやはりダイビングを続けていくにあたっては、永遠のテーマともなり得るものだと思いますので、今後も自由に気の向くままに好きなものを撮影し、水中写真を楽しんでもらえると嬉しいです。

■link:古見きゅう氏HP

 

結果発表

古見きゅう賞

ダイブネットフォトコンテスト

●作品タイトル:SUNSET

●氏名(フリガナ):渡邊美雪(ワタナベ ミユキ)

●撮影地:伊豆大島

●作品に対する簡単なコメント:毎年6月頃から伊豆大島でサンセットダイブをすると観察する事ができる、アカオビコテグリの産卵シーンです。ネズッポの産卵は色々ありますが、アカオビコテグリは伊豆大島ならではという気がします。メスがちょうど放卵する瞬間を撮影しました。

 

古見きゅうさんからのコメント

コメントにもありましたが、アカオビコテグリは伊豆大島らしい被写体だと思います。しかも簡単ではない産卵の瞬間を見事にものしましたね。背鰭や尾鰭の開き具合からも、彼らの必死さや臨場感が伝わってきます。一朝一夕では撮ることのできない素晴らしい作品ですね。

 

ダイブネット賞

ダイブネットフォトコンテスト

●作品タイトル:チュッ♡

●氏名(フリガナ):高橋光洋(タカハシ ミツヒロ)

●撮影地:沖縄本島

●作品に対する簡単なコメント:僕のホームグラウンドの、沖縄県は恩納村の海で見つけた、アカメハゼ。偶然にも、ちょうど向かい合うように2匹がサンゴの上で停止してくれました。なんだかキスをしているみたいで、少し幸せになるお気に入りの1枚です。

 

ダイブネットからのコメント

いい写真というのは、その画面から「永遠」というフレーズが思い浮かぶという気がしています。いつまでも見ていたい、見ているだけで心が動く。そんなイメージが写真から感じられました。微笑ましくなる一枚です。

 

一番「いいね」賞

稚魚フォトコンテスト

●作品タイトル:彩

●氏名(フリガナ):海谷 尚司(カイヤ タカシ)

●撮影地:沖縄県・阿嘉島

●作品に対する簡単なコメント:阿嘉島 青い海、赤いウチワ、ハナミノカサゴ、癒しの海です。

ダイブネットからのコメント

実はダイブネット賞の候補にも残っていた作品。のんびりした景色の中にも躍動感が伝わる構図で、非常に印象に残る作品でした。

 

※一番「いいね」賞は閲覧者から一番多く「いいね」がついた作品が受賞いたします。

 

次回、第四回大会は伊豆半島の多数サービスを審査員に迎え「ダイブネットフォトコンテスト伊豆杯」を開催予定。お楽しみに!

 

協賛:日本アクアラング株式会社FLコーポレーションSEA&SEA

お問合せ先:ダイブネット・フォトコン係 TEL:03-6228-4453

 

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad