流行の兆し!バブルリングを水平に投げ飛ばす技

ダイブネットニュース

2012年6月21日

取材協力/川奈ガイドサービス・ジェスター

ダイビングショップ海好き

イエローフィン

インサイド

機材協力/INON

構成/ダイブネット(大野幸隆)

カメハメ波、波動砲・・・ガイドを中心に盛り上がりを見せるその技とは

バブルリングと言えば、水面に向かってエアーを輪の状態にして吐く、というのが主流でした。

しかし、ここ最近、手で起こす水流を使って「横に投げ飛ばす」という技がガイドさん達を中心に盛り上がりを見せています。

バブルリング

口からエアーを出し、手を広げることによって発生する水流とうまく絡むとこのようにリングが水平に飛び出す

「波動砲」「ハメハメ波」など人によって呼び方は様々ですが、うまい人ではかなりの飛距離を飛ばすことがきるるようです。

しかし、息の吐き方や手の広げ方など、人によってやり方も様々で一概に「こうすればうまくいく」というのが教えられない、体で覚えるしかない技

やってみたい!という方の為に一般的なこの技のやり方を簡単に紹介してみましょう。

水平バブルリングの作り方

バブルリング

手で拳を作って両方を合わせます

バブルリング

空気を吸ってレギュレーターを外し、合わせた手を口元に持っていきます

バブルリング

両側に手を広げた瞬間に息を出し、作った水流にエアを乗せます

バブルリング

うまく行くとこのようにリングとなって飛んでいきます

次回潜る機会に是非挑戦してみてください。

病みつきになると一本丸々この練習に使いたくなるほとです。

参考に動画を貼っておきます

 

うまくなりかけで、たまにリンクができる人(モデル・ガイドサービスジェスター鬼頭氏)

 

すごくうまくて何回も連続で出せる人(モデル・ダイビングショップ海好き・福田さん)

 

ちなみにダイブネット・編集長大野はまだ全然できません。

コツがつかめない・・・

 

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad