フリーダイビング世界大会 フランス・ニースで開幕

ダイブネットニュース

2012年9月11日

金メダル二連覇狙い「人魚ジャパン」選手団が世界へ挑む

イメージ

人魚ジャパンメンバー

9月10日より、フランスのニースで、フリーダイビングの世界選手権がスタートしました。

今回は団体戦となり、コーチ含め9名の代表選手団が世界に挑みます。選手団の愛称は「人魚ジャパン」。

フリーダイビングの団体戦は、2年に1度開催。一カ国男女3名ずつの選手が、コンスタントウェイトウィズフィン(潜る深さ)、ダイナミック(水平に泳ぐ距離)、スタティック(息を止める時間)の3種目を実施。男女別に国ごとの総合得点でメダル獲得を目指します。

前回の大会は、2010年7月に沖縄で開催。18ヶ国が参加する中、日本は女子金メダル、男子銅メダル、という快挙を成し遂げました。

フリーダイビング発祥の地でもある地中海の南仏ニースで開催される今回の大会には、世界各国から強豪が揃います。みんなで人魚ジャパンを応援しましょう!

 

【大会概要】

名称:AIDA Team World Team Championship 2012

主催:AIDA France

期間:2012年9月8日〜16日(本戦は10日から)

開催地:フランス ニース ヴィルフランシェ・スル・メール

 

●日本代表メンバー

男子チーム:篠宮龍三/大島俊/古川博之

女子チーム:平井美鈴/廣瀬花子/福田朋夏

女子補欠:武藤由紀

コーチ:山本哲也/竹下実由

 

◆大会の様子は、以下「人魚ジャパン」のHPよりご覧いただけます。

(タイムリーに配信中!)

http://ningyojapan.jimdo.com/

 

日本フリーダイビング協会

http://www.aida-japan.com/

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad