鍵井靖章氏写真集「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」2月28日発売

ダイブネットニュース

2013年2月8日

震災直後の2011年4月から2012年の12月まで、宮古湾を中心に瓦礫にまみれた海が少しずつ復活していく姿を定期的に撮影した写真集

ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生

 

水中カメラマン・鍵井靖章氏の写真集「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」が発売されます。この写真集は2011年4月から昨年12月までの宮古湾を撮影。

震災直後、瓦礫にまみれ生物の姿すら感じられなかった海中で出会った一匹のダンゴウオ。何かを伝えるかのようなその姿に感銘を受け潜ること100本以上。少しづつ海が甦り、ダンゴウオの産卵行動まで追いかけた作品となっています。

 

また、出版を記念して氏のトークショーも開催予定。カメラマンの生の声が聞ける絶好の機会です。

 

鍵井靖章さんトークイベント~『ダンゴウオ 海から見た震災と再生』の世界を語る~

●日時:3月3日(日) 午後2時~3時30分

●会場:西武池袋本店別館9階池袋コミュニティ・カレッジ20番教室

●チケット販売場所:西武池袋本店書籍館地下1階リブロリファレンスカウンター

●参加チケット:税込1,000円

●定員:100名

 

上記でチケットを購入する以外に、リブロ03-5949-2910(リブロ代表)へお電話で予約いただき、当日会場内で現金でお支払いいただくこともできます。

 

お申し込みはリブロHPへ

http://www.libro.jp/news/archive/003148.php

ネット決済ご希望の方はコミカレが便利です。ネット決済は、コミカレHPへ

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_632361.html

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

鍵井靖章プロフィール

水中写真家。

大学在学中に水中写真を始める。1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。

1998年に帰国。フリーランスフォトグラファーとして独立。自然のリズムに寄り添い、生き物に出来るだけストレスを与えないような撮影スタイルを心がける。約20年間、海の生き物に、出会い、ふられ、恋して、無視され、繋がり、勇気をもらい、そして、子育ての方法などを教えてもらいながら、撮影を続けている。

特集一覧

DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

楽天ad