世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT魅惑の地・パプアニューギニアVol.7「マダン・圧倒的な魚影、回遊魚に巻かれる旅」

パプアニューギニア

2013年11月29日

取材協力/パプアニューギニア政府観光局(HP)

/パプアニューギニアファンコミュニティ(HP)

/ニューギニア航空(HP)

/マダンリゾート(HP英語)

写真/鎌田多津丸(ブログ)

動画、取材協力/PNG JAPAN(HP)

構成・文/大野幸隆(ダイブネット)

個性豊かなパプアニューギニアの潜り方を紹介します

「パプアニューギニア」というと、どのようなイメージがあるのでしょうか?ネットでの検索では「民俗」「観光」「地震」などのワードがあがってきます。異国の文化を誇張して取り上げるメディアも多いため「原住民が暮らす秘境」なんて印象の方もいることでしょう。

しかし、実際に訪れてみるとステイから食事まで満足させてくれるリゾートがあり、快適なダイブトリップが堪能できる「普通の観光地」であることがわかります。

違う点を挙げるとすれば「手つかずに残された自然」。よく使われる言葉ではありますが、この特集ではその言葉がまさにジャストフィットするパプアニューギニアの海をシリーズで伝えていきます

第七回は栄養分豊富な水が多様な生物を育んでいる「マダン」を特集。回遊魚が群れるその海中からリゾートまで紹介いたします。

マダンってどんな所?

マダンまでは首都・ポートモレスビーから国内線で約60分。栄養豊富な海のため「抜群の透明度」という訳ではありませんが、その恵みは多様な生物を育み、サイズも大きいのが特徴です。

パプアニューギニア

機内から見えるリゾート周辺の様子

パプアニューギニア

マダンまでは成田空港から首都ポートモレスビー(6時間半)→国内線にてマダン空港(1時間)の道のり

マダンの動画はこちらです↓

回遊魚が群れる海中の様子がご覧になれます(動画/PNG JAPAN)

ギンガメ、バラクーダー、時にはハンマーヘッドも出現

今まで6回に渡って紹介してきたパプアニューギニアの海。多くの場所で共通するのが「透明度が高く、サンゴが豊富」という部分。しかし、ここマダンは他の海域とはちょっと趣が違った景観が楽しめる。マダンは降水量が多く、海に流れ込む河川も多いため透明度は多少落ちるものの、海水の栄養濃度が高く魚種が豊富、かつ魚のサイズが大きいのが特徴。

その様子は潜って見れば一目瞭然。所狭しとギンガメアジ、バラクーダ、マダラタルミなど群れている。しかも、回遊魚ポイントにありがちな流れもほとんどなく、のんびりダイビングしながら群れを眺められる。時にはハンマーヘッドシャークなども見られるサプライズ付き。ダイバーを見ても逃げない個体も多いので、じっくり大物を見たい方にはオススメのスポット。

パプアニューギニア

定番のハシナガイルカ。ボートでの移動中に頻繁に見ることができる

パプアニューギニア

透明度が落ちる、と言ってもこのクリア感。パプアニューギニアの底力を感じます

パプアニューギニア

至るところにギンガメアジがごっちゃりと群れています

パプアニューギニア

バラクーダもレギュラーメンバー

パプアニューギニア

サンゴも白化などなく元気そのもの

パプアニューギニア

思わず撮影したくなるようなフォトジェニックなシーンも多い

パプアニューギニア

比較的浅い水深でアオマスクの群れが見られるのもマダンの特徴

パプアニューギニア

もちろん、人気マクロも充実

パプアニューギニア

ダイビングボートも大きく快適

拠点となるリゾートは「マダンリゾート」

マダンにはリゾートが数件あるものの、ダイビングサービスを有しているのは「マダンリゾート」のみ。マダン空港から車で約10分。客室数100以上のパプアニューギニア最大のビーチリゾートであるマダンリゾート。整った客室、複数あるレストランやショットバーなど、リゾート内にいると秘境に来ていることを忘れてしまうほど。価格は上昇してしまうが、できるなら客室から海が一望できるウォーターフロントにステイしたい。

周辺の治安も良く、昼間であれば近くのマーケットなどへ出歩いても問題なし。お土産などを購入するのもいいでしょう。

パプアニューギニア

こちらがマダンリゾートの入口

パプアニューギニア

一般的なデラックスルームの客室内

パプアニューギニア

アメニティも揃っている。エグゼクティブ以上の客室にはバスタブも完備

パプアニューギニア

海側から見たウォーターフロントエグゼクティブルーム

パプアニューギニア

リゾート内のプール

パプアニューギニア

リゾート内のダイビングサービス。2013年11月現在、日本人スタッフも在籍中

パプアニューギニア

食事も日本人の舌にあったテイスト。ビッフェ・アラカルト形式

アフターダイブもちょっと違う!

パプアニューギニアのアフタダイブというとリゾート内での飲食やホタル、ビレッジツアーなど自然や住人の文化を楽しむものが多い。ここ、マダンでももちろん同様のことは可能だが、さらにゴルフやテニスと言った遊びも堪能できる。特にゴルフなどは日本よりも格安で楽しめるのがうれしい。パプアニューギニアの良さである豊かな自然とリゾートライフが同時に楽しめる、それがマダンなのです。

パプアニューギニア

ゴルフも堪能できるマダン

パプアニューギニア

かつて日本軍が戦った戦跡ツアーもアレンジ可能

マダン近郊にあるバレク自然公園。映画「ロビンソン・クルーソー」(ピアーズ・ブロスナン主演)のロケ地にもなった場所。水が青く見えるのは硫黄成分のため

テニスやスカッシュなども体験可能

  • マダンリゾート(HP英語)

  • パプアニューギニアを取り扱うおすすめツアー会社

  • マダンの口コミ情報

  • パプアニューギニアの口コミ情報

  • パプアニューギニアの口コミ情報

  • パプアニューギニアに現地支店を持つ日本の旅行社「PNG JAPAN」(HP)

  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 魅惑の地・パプアニューギニアVol.1「キンべ・怒涛のサンゴを堪能する旅」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 魅惑の地・パプアニューギニアVol.2「アロタウ・マクロ天国を潜りまくる旅」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 魅惑の地・パプアニューギニアVol.3「ラバウル・火山活動で町が移動!新スポットを潜る旅」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 魅惑の地・パプアニューギニアVol.4「ロロアタ島「首都で満喫するリゾート&ダイブ」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 魅惑の地・パプアニューギニアVol.5「ケビエン・レアフィッシュをじっくり堪能」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT 魅惑の地・パプアニューギニアVol.6「トゥフィ・抜群の透明度、レッド・ピンジャロスナッパーを見に行こう」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT魅惑の地・パプアニューギニアVol.7「マダン・圧倒的な魚影、回遊魚に巻かれる旅」
  • 世界の海を潜る WORLD WIDE REPORT
  • 世界のラグジュアリーリゾート~vol.2~ フィリピン/クラブ・パラダイス
  • 「壁のような魚の群れ」が体感できるダイブスポット5選!(海外編)
  • ボルネオ大紀行vol.6~マブール島にステイして、マクロ生物をとことん楽しむ
  • リゾート×デイトリップ その国を楽しむダイブトリップ~バリ/アリラ・マンギス~
  • 特集一覧

    DiveSearch ショップ・スポット・ツアー会社の検索はこちら!

    ダイビングについての情報記事一覧はこちらから!

    ダイブネットTwitter ダイブネットTwitter

    楽天ad